検索
  • info485417

「楽しくなければビッグバンドではない!」= まさにそのとおりでした……

イガバンBB 2014.9.14[sun] at Motion Blue YOKOHAMA[神奈川・横浜] アット!カマザワ

 2014 秋本番!BIG BAND JAZZ 楽しんでいますか?  今回は 五十嵐 誠(cond.tb)氏がリーダーを務めるイガバンBBのライブを観に行きました。横浜赤レンガのお洒落スポットに、若い年齢層のお客さんが詰めかけた本公演は前売りSold Outという盛況ぶりで、開演前から期待が高まります♪  モダンなサウンドを聴かせてくれるイガバンBBは17人編成ビッグバンドで「独自の心温まるサウンドカラー」を持っています。ハイセンスなオリジナル曲をはじめ、国内外のポップスやアマチュアビッグバンドも演奏している楽曲など、幅広いレパートリーはすべて五十嵐氏のアレンジ(編曲)によるもので、Jazz初心者のお客さんをも退屈させない選曲も嬉しいところ♡  メンバーがステージに勢揃いして1st setは、オリジナル曲「♪ SECOND LINE」からスタート。高音圧のテーマアンサンブルから五十嵐氏のトロンボーンのアドリブSoloではFunkフレーズが炸裂し、初っ端からフルスロットル!  曲間での楽しいトークでは笑わせてくれますし、J-Popスキマスイッチの「♪ 全力少年」においてはメンバーのアドリブSoloは伝統・形式に囚われない自由度があって大いに盛り上がり、会場内はイガバンワールドそのもの。全般を通してリズムセクションはグルーブ感が抜群で気持ち良い。廣瀬昌明(Gt)氏のカッティング、岡 雄三(e-Bass)氏の幻想的なSoloはとっても洗煉されていて特にライブ演奏は必聴です。  2nd setでは 私が社会人バンドでリハーサルしたことのある Pat Methenyの「♪ James」の少し違ったアレンジも聴けました。イガバンBBのコンセプトどおりの「楽しさ」がバンド演奏に出ている。アレンジの妙に加え、メンバー全員が素晴らしいソリストでありアドリブSolo部分で楽曲に色を添え、良きところでの合図(On Que)でTuttiに向かう、五十嵐氏の指揮の絶妙なコントロールも素晴らしい。1stトロンボーンのパートを吹きながら、各プレイヤーのポテンシャルを引き出す力量はスゴすぎます♪  伝えたい自作の音楽を披露することは音楽家の夢でもあります。それを実現しているイガバンBBを牽引する五十嵐氏の今後の活躍、見逃せませんね ♪ 皆さんも是非、ライブ会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?  五十嵐さん、メンバーの皆さん、スタッフの皆さん、素敵な演奏をありがとうございました ♪ 五十嵐 誠(tb,cond,comp,arr) 副田整歩(as)、佐々木はるか(as)、大郷良知(ts)、中江裕気(ts) 竹村直哉(bs)、榎本裕介(tb)、大田垣正信(tb)、山口隼士(btb) LUIS VALLE(tp)、中野勇介(tp)、赤塚謙一(tp)、中村恵介(tp) 浦 清英(p,key)、岡 雄三(b)、能村亮平(ds)、廣瀬昌明(g)

<1st set> SECOND LINE Brooklyn The Sputnik Sweetheart FRACTALE 全力少年 Untitled Suit #5 <2nd set> James Always There 俺たちゃボントロ吹き Englishman in New York タイトル未定 スマイル

アット! カマザワ ● スカバンド SHOW-SKAを拠点に活躍中。 アマチュアビッグバンドにも参加し、向かうところ敵無しの関西人トランペッター。 本職はスイス時計の職人



ⒸMotion Blue YOKOHAMA

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • さえずり

©2020 by BIGBAND!. Proudly created with Wix.com